About JFACO
一般社団法人日本食農連携機構の取り組みやビジョンをご紹介します。
当機構について
2007年9月に発足いたしました「農業経営サポート研究会」では「農業経営の成長条件」や「食と農の連携」をテーマに研究を続けて参りました。
この「研究会」としては、<食と農の連携による新たなビジネスチャンスの創造>と<農業経営の成長と持続的発展>に資するため、研究会を発展させた新たな組織作りが必要との結論に達し、今般、一般社団法人「日本食農連携機構」設立の運びとなりました。
社会が「農」と「食」の豊かさを享受し、農業が持続的発展を遂げるためには、農業の産業的広がりと利潤機会の拡大が不可欠です。生産から消費に至るフードシステム全体を農業のビジネス機会と捉え、自然から産物を作り出す「農」だけではなく、「食」との結び付きを想定したビジネス創造が必要となります。
当機構は、「食農連携」「金融相談」「経営相談」などの機能を通じ、新たなビジネスチャンスの創造と農業の再生・活性化を支援して参りたいと思っております。
設立趣旨
良識と調和のある食の実現に向けて、「農と食のバリューネットワークの構築」と「次代に繋がる農業経営の持続的発展」に貢献するため、当機構を設立する。
当機構のビジョン
当機構では以下の4点をビジョンとして掲げ、活動を行っています。

  • ・食と農の連携による新たなビジネスチャンスの創造
  • 「食」と「農」がWIN&WINで結ばれるプラットフォームの実現と、次世代の食トレンドを見据えた需要創造を行います。
  • ・「想い」を共有するメンバーに「出会いの場」を提供。
  • アグリビジネス研究会、支部セミナー等により「想い」を共有するメンバーに「出会いの場」を提供します。
  • ・「実践的な支援」で「出会い」を「事業」にする。
  • 様々な金融手法や経営管理手法を活用し、「出会い」を「事業」にするための支援を行います。
  • ・「担い手」を育てる。「経営者」を育てる。
  • 地元行政等と連携したセミナー・農業経営塾の開催により、次代の農業を担う「担い手」「経営者」を育成します。
理事長挨拶
一般社団法人日本食農連携機構は、食と農の連携とその双方の課題を解決し、生活者に豊かな暮らしを実現するために設立されました。
この機構の前身は、2007年9月に発足いたしました任意団体である「農業経営サポート研究会」が行ってきた「農業経営の成長条件」や「食と農の連携」をテーマに研究を続けて参りましたことが母体となり、「研究会」としては、「食と農の連携による新たなビジネスチャンスの創造」と「農業経営の成長と持続的発展」に資するため、研究会を発展させた新たな組織作りが必要との結論に達し、今般「一般社団法人」として立ち上げることになりました。
また、「研究会」と併行して地域農業再生の具体的プロジェクトとして取り組んで参りました「石川・能登プロジェクト」や「京都・京野菜プロジェクト」「東京都内でのファーマーズ・マーケットプロジェクト」なども政策による支援も得てスタートし、食農連携による新たな取組みのモデルとして期待いたしております。
新組織として9月に設立されました当機構は、「食農連携」「金融相談」「経営相談」などの機能を通じ農業の再生・活性化を支援して参りたいと思っております。
おそらく日本初の民間ベースでの農業経営を支援する一般社団法人組織ではありますが、会員企業や協賛者・関係者のご支援、ご協力により今後一層の体制の充実をはかりながら、十全な機能を発揮して参りたいと思っております。何とぞ趣旨をご理解たまわり、一般社団法人「日本食農連携機構」にご支援ご協力いただくことをお願い申し上げます。

平成21年9月1日
一般社団法人日本食農連携機構理事長
増田陸奥夫
商標について
「一般社団法人日本食農連携機構」という名称および、当サイト内で使用しているロゴマークは商標登録されておりますので、当機構が適当と認めた場合を除き、無断で使用することはできません。
Copyright © 2018 JFACO All Rights Reserved.